ビーグレンホワイトケアの成分や安全性は?購入前のよくある質問Q&A

ビーグレンホワイトケアの成分や安全性に関するQ&Aです。

 

シミが増える?シミが濃くなる?乾燥は?肌荒れは?白斑/白抜けは?危険?など、ビーグレン美白ケア(b.glen White Care)の気になる疑問をスッキリ解決してください!

 

 

 

 

ビーグレンホワイトケアの成分は?

ビーグレンホワイトケアの成分は以下のとおりです。

 

クレイウォッシュ(洗顔料)の全成分解析

クレイウォッシュ(洗顔料)の全成分解析

 

水、モンモリロナイト、イソノナン酸エチルヘキシル、ソルビトール、BG、ココイルグルタミン酸Na、ベンチレングリコール、ココイルグルタミン酸TEA、尿素、スクワラン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、アロエベラ葉エキス、カミツレ花エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、カブリロイルグリシン、エチルヘキシルグリセリン、クオタニウム‐73、EDTA‐2Na、フェノキシエタノール

 

 

QuSomeローション(化粧水)の全成分解析

QuSomeローション(化粧水)の全成分解析

 

水、プロパンジオール、BG、ジミリスチン酸PEG‐12グリセリル、ジステアリン酸PEG‐23グリセリル、ラフィノース、スクワラン、ヘキサカルボキシメチルジペプチド‐12、3‐ラウリルグリセリルアスコルビン酸、3‐O‐エチルアスコルビン酸、オリゴペプチド‐24、ピリドキシンHCI、アラントイン、ゲンチアナ根エキス、アッケシソウエキス、フカスセラツスエキス、コレステロール、グリセリン、エチルヘキシルグリセリン、乳酸、ステアラミドプロピルジメチルアミン、フェノキシエタノール、EDTA‐2Na

 

 

Cセラム(美容液)の全成分解析

Cセラム(美容液)の全成分解析

 

PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13、14)イソパラフィン、ラウレス‐7

 

 

QuSomeホワイトクリーム1.9(夜用クリーム)の全成分解析

QuSomeホワイトクリーム1.9(夜用クリーム)の全成分解析

 

水、プロパンジオール、スクワラン、ハイドロキノン、セテアリルアルコール、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、ゴヨウマツ種子油、ジメチコン、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ジステアリン酸PEG‐23グリセリル、アスコルビン酸、3−O−エチルアスコルビン酸、ヘキシル3‐グリセリルアスコルビン酸、オリゴペプチド−34、オリゴペプチド−68、オキソチアゾリジン、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、ゲンチアナ根エキス、ビオサッカリドガム−1、ラムノース、グルコース、グルクロン酸、トコフェロール、グリセリン、BG、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリン酸ポリグリセリル−10、ステアリン酸PEG‐55、ステアリン酸ソルビタン、バチルアルコール、ステアリルアルコール、マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル、ステアリン酸コレステリル、リナロール、乳酸、乳酸K、フェノキシエタノール、ピロ亜硫酸Na、EDTA−2Na

 

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)の全成分解析

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)の全成分解析

 

水、スクワラン、ジグリセリン、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、グリセリン、シクロペンタシロキサン、BG、ステアリン酸グリセリル、セタノール、ジメチコン、ステアリン酸PEG−45、ジミリスチン酸PEG−12グリセリル、バチルアルコール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、パルミチン酸セチル、アセチルテトラペプチド−2、オリゴペプチド−6、ダイズ芽エキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、ショクヨウダイオウ根エキス、ゲンチアナ根エキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、コレステロール、ジヒドロコレステロール、ステアリン酸コレステリル、乳酸K、乳酸、パルミチン酸、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、プロパンジオール、ペンチレングリコール、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、水酸化K

 

 

 

 

ビーグレンホワイトケアを使うとシミが増える/濃くなるの?

ビーグレンホワイトケアをお試しして、「シミが増えた…」「シミが濃くなった…」「シミが目立つようになった…」という口コミを、今までに一度も私は見たことがありません。

 

万が一、シミが増えたり、濃くなった場合は、すぐに使用を中止し、かかりつけの皮膚科を受診してください。

 

※ビーグレンホワイトケアの効果については、下記Q&Aで詳しく回答しているので、参考にしてみてください。

 

ビーグレンホワイトケアはシミに効果があるの?

 

 

 

ビーグレンホワイトケアを使うと乾燥するの?

ビーグレンホワイトケアをお試しして、肌が乾燥したという人が少なからずいます。

 

その時々の体調や肌質/肌ストレス、環境の変化や季節の変わり目など、原因は様々です。

 

肌が乾燥し、異変を感じた場合は、すぐに使用を中止し、かかりつけの皮膚科を受診してください。

 

 

 

ビーグレンホワイトケアを使うと肌荒れするの?

ビーグレンホワイトケアをお試しして、肌荒れしたという人が少なからずいます。

 

その時々の体調や肌質/肌ストレス、環境の変化や季節の変わり目など、原因は様々です。

 

肌が荒れ、異変を感じた場合は、すぐに使用を中止し、かかりつけの皮膚科を受診してください。

 

 

 

 

ビーグレンホワイトケア、白斑/白抜けは大丈夫なの?

ビーグレンホワイトケア、白斑/白抜けの心配はありません。実体験として。

 

ただし、ハイドロキノン化粧品を使う際の注意点は、理解しておく必要があります。

 

ポイントは、『適切な量』を使用することです。当たり前の話なんですが…

 

つまり、ハイドロキノン化粧品を使うと、その効果に驚き、もっともっと使ってみたい!っていう欲求がでてきちゃうんです。

 

でも、使い過ぎは厳禁!

 

気になる箇所に使いすぎると、そこだけが白くなりすぎて、顔全体で見た時に不自然な状態に…

 

いわるゆ白斑/白抜けです。

 

とはいえ、ビーグレンホワイトケアの利用手順を守って使えば、問題ないので、そこまで心配しないでくださいね。^^

 

※万が一、肌に異変を感じた場合は、すぐに使用を中止し、かかりつけの皮膚科を受診してください。

 

 

 

ビーグレンの美白は危険なの?

ビーグレンの美白は、危険なハイドロキノン化粧品ではありません。

 

私自身の実体験として、この点は、ハッキリとコメントしておきます。

 

※私の体験レビューや下記Q&Aも参考にしてみてください。

 

ビーグレン美白ケアはシミに効果があるの?
ビーグレンホワイトケア、白斑/白抜けは大丈夫なの?
ビーグレンホワイトケアを7日間使ってみた体験レビュー

 

 



 このエントリーをはてなブックマークに追加